【保存版】ワードプレスアカウント開設後に行いたい初期設定

スポンサーリンク

本記事は、ワードプレスのアカウント画面を作った。ログインできたという時に最初に何をしたら良いのかをご説明させていただきます。

一般画面の設定

まずは、設定画面→一般設定を開いてください。

サイトタイトル、キャッチフレーズが入っていることを確認します。キャッチフレーズが入っていない、ないしはデフォルトのままになっているケースが多いので、先にこのサイトが何のサイトなのかを説明文として書いてください。

特にサイトタイトルは、そのサイトを象徴するもの、言わばSEOが一番強いものであるため、狙っているキーワードがある場合は率先して入れていくと良いでしょう。

サイトタイトル、キャッチフレーズと同じ項目として表示されている、WordPress アドレス・サイトアドレスは基本的にいじらなくて大丈夫です。

もし、同一では無い場合はきちんとサイトのURLを入れてください。

最後に、タイムゾーンの設定です。これは基本的に日本にいる場合は日本で設定し、もし海外にいる場合はその自国の時間帯を設定しましょう。基本的にはデフォルトが日本になっているため、編集は不要です。

その後設定画面→投稿設定に移動します。

更新情報サービス

更新情報サービスに以下をコピペで貼付けます。

  • http://rpc.pingomatic.com/
  • http://blog.goo.ne.jp/XMLRPChttp://blog.with2.net/ping.php/
  • http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
  • http://blogsearch.google.com/ping/RPC2http://hamham.info/blog/xmlrpc/
  • http://ping.bloggers.jp/rpc/
  • http://ping.blogranking.net/
  • http://ping.cocolognifty.com/xmlrpc
  • http://ping.exblog.jp/xmlrpchttp://ping.fc2.com/
  • http://ping.feedburner.comhttp://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
  • http://ping.rootblog.com/rpc.phphttp://ping.rss.drecom.jp/
  • http://ping.sitecms.nethttp://pingoo.jp/ping/
  • http://ranking.kuruten.jp/pinghttp://rpc.blogrolling.com/pinger/
  • http://rpc.pingomatic.com/http://rpc.weblogs.com/RPC2
  • http://serenebach.net/rep.cgihttp://taichistereo.net/xmlrpc/
  • http://www.bloglines.com/ping
  • http://www.i-learn.jp/ping/http://xping.pubsub.com/ping/

この更新情報サービス、略称PING(ピング)は、ブログを新規で投稿した際にこの記事投稿しましたよ、という更新情報を一緒にお届けしてくれるものです。

事前登録した方が良いです。

表示設定

基本的にデフォルトのままで大丈夫です。ただ、もし自分のURLが他人に見られたくない方がいれば、検索エンジンでの表示しない(インデックスしない)の設定にチェックを入れましょう。

パーマリンク設定

次に設定→パーマリンク設定に移動します。そこで、共通設定という項目があります。カスタム構造を選択して、

/article/%post_name%

と入力してください。

パーマリンクとは言わばURLをどうしますか、と言っているようなもので、非常に大事です。

⇒ワードプレスの書き方・文字装飾の仕方・パーマリンクの設定方法

ワードプレステーマのインストール

では次にサイトの原型となるテーマの選択をします。筆者が推奨するのがsimplicityというワードプレスのテーマです。

素人でも使いやすいシンプルでかつ機能が充実したテーマとなっています。ワイヒラさんという方が作成されているそうで、当記事もそのsimplicityで作られています。

→simplicityのダウンロードはこちら

ダウンロードが終わりましたら、

外観→テーマ→テーマのアップロード画面にて、先程ダウンロードしたZIPをインストール後、有効化させます。

ワードプレステーマ

プラグインの登録

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。ただ記事のテーマとの互換性が悪い場合は、サイトが表示されない等のトラブルにもなるため、呉々も気をつけてください。

あまりプラグインを入れすぎてもサーバーの負荷になるため、最小限のプラグインのみを厳選しました。

→【保存版】初心者必見!ワードプレスでお勧めのプラグイン厳選集

是非ご参照ください。

管理ユーザーの追加

ユーザー設定から新規追加ボタンを押します。

管理ユーザーの追加

新規追加ボタンを押すと、下の写真のような画面が出てくるので、入力しましょう。項目は「ユーザー名」「メールアドレス」「名」「姓」「ウェブサイト」「パスワード」で、「ユーザー名」「メールアドレス」のみ必須項目。

最後の権限グループが非常に重要で、このような権限設定になっています。

権限 内容
管理者 すべての管理機能を実行できます。
編集者 投稿の公開や、自分や他のユーザーの投稿の管理を行う権限などがあります。
投稿者 自分自身の投稿を公開したり管理したりできますが、ファイルをアップロードすることはできません。
寄稿者 投稿の作成や自分の投稿の管理ができますが、投稿の公開やメディアファイルのアップロードはできません。
購読者 コメントを読んだり、コメントを投稿したり、メールマガジンを受け取ったりできますが、通常のサイトコンテンツを作成することはできません。

細かく権限を付与できると管理が非常に楽ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク