ソードアート・オンラインあらすじ・ネタバレ・評価・感想

スポンサーリンク

今回は「ソードアート・オンライン」のあらすじ・ネタバレ・評価・感想をご紹介。ネタバレを含んでおりますので、まだ観られていない方はご注意ください。

ソードアート・オンラインの概要

ソードアート・オンラインとは、川原礫原作のアニメーションで、仮想世界のゲームの中に開発者によって閉じ込められ、ゲームオーバーになると現実世界でも死んでしまうデスゲームと化したソードアート・オンラインをクリアする為、またゲーム内で出会った大切な人たちを守る為、必死になって戦う少年キリトの物語です。ゲームの世界ヘ入れたらという願望が具現化した作品で、主人公キリトの強さやメインヒロインのアスナとの関係性の変化などが見どころになります。

ソードアート・オンラインのあらすじ・ネタバレ

出典:hl.sao-game.jp

・アインクラッド編〜デスゲームの始まり

アインクラッド編〜デスゲームの始まり

出典:Twitter

西暦2022年「ナーヴギア」と呼ばれる仮想世界ヘ完全に入りこめる「完全ダイブ」(フルダイブ)のゲーム機の開発と共に、満を持して発表されたVRMMORPG、ソードアート・オンライン。発売前のベータテスト当選者1000人には2ヶ月間のお試しプレイと正規版購入優先権がついてきました。そして、初回ロット1万本の購入者のほとんどが正式サービス開始と同時にソードアート・オンラインをプレイします。「ナーヴギア」開発者で、ソードアート・オンラインのゲームプロデューサーでもある天才量子物理学者の茅場晶彦がゲームマスターとして現れ、全100層ある浮遊城アインクラッドをクリアするまでログアウト出来ない事、またゲーム内で死亡すると現実世界でも死んでしまう事を宣言し、ゲーム内のキャラクターも現実世界の姿形と同じ様に変わってしまいます。キリトはログインしてすぐ仲良くなったクラインを始まりの町に残し、戦う決意を胸に旅立っていきます。

・「ビーター」と呼ばれる黒の剣士キリト

1ヶ月の時間が過ぎ、2000人以上の犠牲者が出たものの、外部からの解決は得られませんでした。そしてボス討伐を募り、第一層を何とかクリアするも、ディアベルというリーダー的存在が犠牲となります。キリトは数少ないベータテスターとしての経験を活かし、ソロプレイヤーとしてレベルを上げていましたが、ベータテスターヘの不信感を少しでも払拭する為、悪役を買って出て「ビーター」と呼ばれる様になります。

・「二刀流」キリト

出典:SAO コード・レジスタ攻略Wiki

その後攻略は進んでいき、キリトは血盟騎士団の副団長のアスナや風林火山のリーダーのクライン、商人で斧戦士のエギルをはじめ、中層でたまたま危ない所を助けて知り合ったシリカや、剣を作る為に一緒に素材を取りに行ったリズベットなど様々な人と交流を持ち仲良くなっていきます。ひょんな事からアスナとタッグを組む事になったキリトは、74層のボス戦で隠していたユニークスキル「二刀流」の使い手とバレてしまいます。

・アスナとの結婚

アスナとの結婚

出典:Twitter

キリトはアスナと一緒にいる為に、血盟騎士団団長の「神聖剣」ヒースクリフとデュエルする事になります。互角の勝負を繰り広げますが、結果はあと一歩の所で負けてしまいます。血盟騎士団に入団したキリトは、アスナと一緒にいられるなら結果オーライといいますが、以前問題を起こしたメンバーのクラディールに訓練中、毒を盛られて命を狙われます。ギリギリの所で、アスナが助けに駆けつけて、キリトは命を救われます。命乞いするクラディールに剣を引いたアスナは、不意打ちを受け、逆にピンチになりますが、毒の効力がきれたキリトが今度はアスナを助けクラディールにとどめを刺します。アスナは正当防衛とはいえ自分のせいで人を殺めてしまったキリトへ責任を感じますが、助けに来てくれたアスナの深い愛情を感じ、「俺の命は君の物だ。だから君のために使う。」「今日は一緒にいたい。」とアスナの家ヘ二人で戻り、めでたく結ばれます。そして、しばらく攻略を休んでゆっくりするよう提案し、「結婚しよう」とプロポーズするのでした

・ゲームクリア〜最悪のラスボス

結婚して束の間の休息の中、メンタルヘルスケアのAIのユイを娘にしたり、釣り師のニシダと出会い主を釣ったりと攻略を忘れ楽しんでいましたが、第75層のボスの討伐戦への参加要請がヒースクリフからキリトとアスナの元へ届きます。後ろ髪を引かれる思いで、第22層を後にする二人。最前線に戻った二人は、第75層のボスの偵察隊が転移無効のボス部屋に閉じ込められ、全滅したという情報に驚愕します。ボス戦を初見で対応しなくてはいけないということは、格段にリスクが上がる事を意味するからです。その後、攻略組の総力を結集し、ボス戦に挑みますが、予想以上に多大な被害が出てしまいます。今後の事を思い、皆が絶望する中、ヒースクリフだけは皆を見下ろし、穏やかな表情をしていました。それを見たキリトは恐ろしい推測にたどり着きます。推測を確かめる為、ヒースクリフヘ不意打ちをしかけるキリト。その攻撃は「不死的存在」としてシステムによって弾かれます。最強のプレイヤー、血盟騎士団団長「神聖剣」ヒースクリフの正体は、ゲームマスター、茅場晶彦だったのです。第100層で待ち受けるはずのラスボスだったと語るヒースクリフは、キリトヘ正体を見破った報奨にクリアするチャンスを与えると決闘をもちかけます。今までの事を考えると怒りがこみ上げ、決闘を受けたキリトは、互角の戦いを繰り広げます。なかなか攻めきれないキリトは、焦ってソードスキルを放った瞬間負けを悟ります。しかしヒースクリフのトドメの一撃を受けたのは助けに入ったアスナでした。そして、キリトも自暴自棄になった所をヒースクリフにやられてしまいますが、消える直前、まだ終われないとシステムを超越し、道連れにヒースクリフを討つ事に成功します。

・ゲームクリア〜その後

キリトとアスナは崩壊するアインクラッドを眺めながら茅場晶彦と少し話をします。生き残ったプレイヤーのログアウトは完了した事、アインクラッドは完全に消滅する事、そして「ゲームクリアおめでとう。キリト君、アスナ君。」と祝いを告げ、去っていきます。キリトとアスナも現実世界での名前をお互い教えあい、最後まで抱き合いながら、消えていきます。そして、現実世界の病室で目を覚ましたキリトは、自分がクリア報酬で現実世界に戻って来れたならアスナも戻ってきているはずと、探しに行くのでした。

・フェアリィダンス編〜終わらない悪夢

SAO(ソードアートオンライン)がクリアされ2ヶ月が立ちますが、未だ現実世界ヘアスナを含む300人が戻らないという状態が続いていました。原因不明のまま、アスナを見舞う日々が続くキリトは、途方に暮れます。妹の直葉との仲はSAO事件前より仲良くなり、色んな事を話す様になります。そんな中、エギルからナーヴギアの後継機「アミュスフィア」のゲーム、「アルヴヘイムオンライン」の中でアスナらしき人物が写った写真が送られてきます。ナーヴギアでできるという事でキリトはすぐにALOの世界ヘアスナの手がかりを探しに行くのでした。

・アルヴヘイムオンライン

アルヴヘイムオンラインにスプリガンの種族を選択し、ログインしたキリトは、なぜかステータスがSAOクリア時の最終ステータスと同じであることに気が付き驚きます。アイテムはほとんど文字化けして使えそうに無かったですが、ユイの心は具現化でき、再会する事が、出来ました。ユイはナビゲーションピクシーに分類されるという事で管理者権限は無く、アスナがこの世界にいるかは近くに行かないと分からないということで、世界樹を目指す為に、情報を集める事にします。

・シルフの剣士リーファ

近くで戦闘していたリーファを助け、お礼に1杯奢ってくれるということで、シルフ領のスイルベーンヘ向かい、世界樹について詳しい情報を聞きます。グランドクエストでそうそうクリア出来そうにない事を知りますが、それでも世界樹に向かおうとするキリトにリーファは案内役をしてくれるということで、二人で世界樹に向かいます。出発前、シルフの仲間のシグルドとリーファがケンカになりますが、リーファは構わずシルフ領から出ていきます。

・世界樹攻略

世界樹に出発したキリトは順調に進みますが、途中サラマンダーの襲撃にあい、撃退するも、シルフとケットシーの領主会議をサラマンダーが襲う計画になっているということと、シグルドがスパイでシルフの情報を売っていることが判明します。キリトは駆けつけてサラマンダーのユージーン将軍と対決、勝利する事でその場を治める事に成功します。そしてシグルドはシルフ領主のサクヤによってシルフ領から追い出されてします。キリトはシルフとケットシーの両領主に世界樹攻略を協力してもらえる様にお願いし、SAO時代に貯めたお金を全て渡します。そして世界樹のある町に到着するとユイが、アスナが上にいることを確認します。飛べる限界の高さでキリトはアスナの名前をユイと一緒に叫び、気が付いたアスナが管理者キーを上から落とし、キリトはアスナが上にいることを確信します。キリトは一人で世界樹攻略に挑みますが、あり得ないほどのスピードで増えるフロアボスにやられてしまいます。リーファはキリトを救出し蘇生しますが、キリトが兄である事に気が付き、和人の事が好きな気持ちとキリトを好きになりかけていた気持ちの両方が結局同じであったことに塞ぎこんでしまいます。

・アスナ救出〜長い悪夢の終わり

リーファと和解し、アスナを救出しなければ全ては始まらないと、再度キリトはリーファと合流したレコンで世界樹攻略に望みます。途中までキリトの獅子奮迅の活躍と、レコンの捨て身の攻撃などで道を切り開きますが、数が多すぎて対応しきれなくなります。そこにシルフ、ケットシー同盟が援軍に駆けつけて、手助けをしてくれたおかげで突破口が見い出せ、ついに天辺まで登ることに成功します。管理者権限がなければゲートの開かず、絶対クリア出来ないグランドクエストに憤りを感じながらも、ユイの助けとアスナの落とした管理者キーで上層に進むことができます。そしてついにアスナの所までたどり着く事ができたのでした。しかし、妖精王オベイロン(須郷伸之)が現れ、キリトは管理者権限で動けなくされ、アスナを弄ばれます。そこにキリトの意識の中に茅場晶彦の意識が語りかけてきて、それに協力する事で須郷の管理者権限を奪い、剣で切り伏せ、ついにアスナをログアウトさせる事に成功します。その後ログアウトしたキリトはすぐに病室ヘ向かうが、須郷がナイフを持って現れキリトを襲いますが、それも撃退し、ついにキリトはアスナと現実世界で出会う事が叶うのでした。

・ソードアート・オンライン見どころまとめ

完全ダイブ技術によるネットゲームという設定が、ゲーム好きの心を踊らせる作品です。キリトの強さはステータス的にも確かに強いのですが、それ以外の要素もあり、洞察力や人柄といった部分も強さを構成する大きなファクターとなっています。アスナとのラブロマンスも見どころで、アスナの可愛さや健気さ、二人の絆の深さにも注目です。続編も多く出ている人気アニメですが、内容は語り尽くせないほど、非常に濃いものとなっています。一度見てみてはいかかでしょうか?

・ソードアート・オンライン評価・感想

良い評価

良い評価

  • 既に何年も前のアニメですが今でも初見の人なら新鮮味のある設定かと。見やすく、万人受けするアニメだと思いました。
  • とにかくストーリーのテンポが良く、緊張感もあるので一気に見る事ができます。外観はファンタジー系、バトル系になるのかと思いますが、私の感想としては、とにかくキリトとアスナの愛の物語という印象です。キリトとアスナがお互いを思う気持ちを見ていると、この2人には絶対に幸せになってほしい!と思ってしまいます。自分もこんな恋愛がしてみたいです。
  • すべてが面白い!語り継ぐべき熱いアニメの一つずーっと見てきたけれど素晴らしいアニメであることが伝わりました!みんなでSAOを見よう!
  • 実質1クール目でSAOが終わってしまうので、せっかくの良い設定が物語に余り活きてこない。

悪い評価

悪い評価

  • 今実際にMMORPGをプレイしてみると、一部の廃人(などと揶揄されるプレイヤー)と一般人との格差が大きく、実際はよほどバランスをうまく取らない限り、こうはいかないだろうと感じた。かなり厨二的であるため他人に勧める気は起きない。
  • 最初はゲームオーバ=死という緊張感がありなかなか良かったのだが、1クール目でその話が終わってしまうので、2クール目からは消化試合感が強い。またその1クール目の終わり方も、100階層あるゲームを全てクリアするのではなく、途中で黒幕を倒して終了してしまうので、カタルシスに欠ける。黒幕の動機もこんなデスゲームをするには共感し難い動機だったのも良くなかった。2クール目は正直必要性を感じない話だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク