【戦姫絶唱シンフォギア】あらすじ・ネタバレ・評価

スポンサーリンク

今回は「戦姫絶唱シンフォギア」のあらすじ・ネタバレをご紹介。ネタバレを含んでおりますので、まだ観られていない方はご注意ください。

「戦姫絶唱シンフォギア」って?まるでミュージカル?歌って戦うアニメ

変身ヒロインものはいまや、日本アニメにおいてメジャーなジャンルになっています。皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
それだけに最近はファンの目も肥えてきており、ありきたりの設定ではなかなかヒットしにくくなってきました。そんな中、近年、ヒロインが歌って戦うことで話題を呼び、大ヒットとなった戦姫絶唱シンフォギアを紹介します。ありきたりな変身ヒロインには飽きた!と言う人や今までに無い斬新な作品を探している人は参考にしていってください。

「戦姫絶唱シンフォギア」とは?

出典:www.symphogear-g.com

2012年1月~3月にかけて放送された変身ヒロインアクションアニメでヒロインが歌を原動力にする「シンフォギア」を纏って戦うことから、バトルシーンで必ず歌が流れるという斬新な設定が話題となりました。これまでに「戦姫絶唱シンフォギア」「戦姫絶唱シンフォギアG」「戦姫絶唱シンフォギアGX」「戦姫絶唱シンフォギアAXZ(アクシズ)」のシリーズ4作品が制作され、2019年4月には最新作「戦姫絶唱シンフォギアXV(エクシブ)」の放送が予定されています。音楽制作ブランドElementGardenの代表で多くのアーティストに楽曲を提供してきた上松範康が原作を手がけ、「ワイルドアームズ」などで知られる金子彰史を脚本に起用。アニメーション制作は「創聖のアクエリオン」や「マクロスF」などのサテライトが担当しています。

「戦姫絶唱シンフォギア」のあらすじ・ネタバレ

出典:戦姫絶唱シンフォギアG

主人公・立花響は、天羽奏、風鳴翼による人気ボーカルユニット「ツヴァイウィング」のライブに訪れていた。そのライブの最中、認定特異災害「ノイズ」が出現、会場の人々を襲い始めた。逃げ惑う人々をかばう様に立ちはだかった奏、翼は一編の歌を口ずさむと対ノイズ用プロテクター「シンフォギア」を纏い、襲い来るノイズを倒していった。そんな中、奏は逃げ遅れていた響を見つけ、彼女をノイズから庇おうとするが、響は瀕死の重傷を負う。響を守るため、奏は「絶唱」を口にし、その命と引き換えに響を助けたのだった。
その後、一命を取り留めた響は奏が最後に口にした「生きるのを諦めるな!」と言う言葉を胸にリハビリに励むのだった。
二年後、私立リディアン音楽院に親友・小日向未来と入学する。響は同じくリディアンに在籍している風鳴翼との対面を夢見ており、翼にノイズの襲撃で奏が亡くなったとされている二年前の事件の真相を確かめようとしていた。そんなある日、響は街でノイズの襲撃に遭遇してしまう。逃げる途中で一人の女の子を助けるも、次第に追い詰められていった響は、絶体絶命の危機に死を覚悟する女の子に「生きるのを諦めないで!」とかつての奏と同じ言葉を口にする。そのとき響は二年前、奏が口ずさんでいた歌を無意識に口ずさむと、奏のものと同じシンフォギアを纏うのだった。状況が飲み込めず戸惑いながらも、女の子を必死に守る響の前に翼が現れる。二年前に見たものと同じシンフォギアを纏った翼は、シンフォギアを纏う響の姿に驚愕するも、ノイズを瞬く間に倒していった。
その後、リディアン音楽院の地下深くに作られた秘密施設に連行された響はそこで特異災害対策機動部二課指令、風鳴弦十朗と対面する。弦十朗は翼がアーティスト活動を隠れ蓑にシンフォギア「天羽々斬(アメノハバキリ)」を纏い、ノイズと戦う「装者」である事、響が纏うシンフォギアが奏と同じ「ガングニール」であることを説明し、響に協力を要請する。協力を快諾する響だったが、翼は親友・奏が命を落とした原因である響への怒り、響が奏と同じシンフォギアを纏っていることへの戸惑い、いろいろな感情が渦巻き、響とどう接していいかわからず、冷たくあしらってしまう。響はそんな翼との関係を改善べく自分の決意を伝える。「奏さんの代わりに頑張ります!」その一言で翼は胸中に渦巻いていた感情が爆発し、響に刃を向けてしまう。弦十朗の仲裁によって刃を納める翼であったが、響との関係は悪化、一ヶ月が経過する。
そんなある日、ノイズ発生現場に向かった響と翼の前に完全聖遺物「ネフシュタンの鎧」を纏った少女ガ現れる。ネフシュタンの鎧は実は二年前の事件の原因になっていた。その際に失われたものであり、翼にとって、多くの人や奏を守れなかった悔しさを思い起こさせるものだった。響と翼は果敢に戦うも鎧を纏った少女の圧倒的力の前にしだいに窮地に追い込まれていく。翼は後悔の念から、鎧をなんとしても奪い返すべく響の制止を振り切り「絶唱」を口にするのだった…。

「戦姫絶唱シンフォギア」の評価

「戦姫絶唱シンフォギア」の評価

良い評価

良い評価

  • ということでパチの設定になってる2期まで視聴。正直思ったより面白かった!w細かい設定とかの変なところを指摘し始めるとキリがないですが、その辺は気にならない程度の勢いがあるので問題なく楽しんで視聴できました。他の方のレビューでもありますが声優の方々の演技力が演出やストーリーを引き上げていて、改めて声優が作品に与える影響の大きさを再確認できました。少し気になってる方は視聴してみてもいいと思います!
  • シンフォギア、シンフォギアG、シンフォギアGX、シンフォギアAXZと見てきましたが、このアニメは他アニメと比べ、数段声優が飛び抜けてます(笑)また、携帯アプリやライブ、5期まで決定していることから人気といっていい作品でしょう。1期は響より、奏や翼が主人公か?!という気もしましたが、とても面白い作品です!

悪い評価

悪い評価

  • 三期まで見ましたが自分には合いませんでした。一期、二期はツッコミ所が多かったですが熱い展開は楽しめました。三期は何がしたかったのかよくわかりませんでした。四期は一話を視聴しましたが自分の肌に合いそうになかったので視聴は継続しないと思います。全体を通して思ったことはシナリオと一部の設定があまりいいと思えませんでした。体への負担が大きい絶唱を途中から多用しすぎていたと感じました。OTONAの人間離れした強さも謎でした。
  • グレンラガンにマクロスシリーズを足した感じ。と言ったら聞こえが良すぎる。そんなにいいものじゃない。けど曲を気に入ればアツさはあるからわりと楽しめると思う。ただ、冷静に見てしまうと結構おもしろくないと思う。正直。けどアツいからOK。そんな作品でした。

「戦姫絶唱シンフォギア」の見どころ

落ちのある話とは?面白い話の作り方を体系的に理解しよう

この作品の見どころはなんと言っても歌とバトルのコラボレーション。バトルシーンで流れる楽曲はどれもキャッチーで熱いバトルを盛り上げます。この楽曲も各キャラクターの心象を反映したものになっており、キャラクターの生き方、心の傷などが歌詞に現れています。楽曲を歌うキャラクターの声を担当するキャストも「魔法少女まどか☆マギカ」で知られる悠木碧や、日本を代表する声優アーティストの水樹奈々など演技力、歌唱力共に兼ね備えたすばらしい声優たちを起用しています。ストーリーも展開が速く、視聴者を飽きさせないだけでなく、奏の台詞のように「生きることを諦めるな!」と言うメッセージが込められており、どんなに苦しいことがあっても諦めないキャラクターたちに勇気をもらえる。そんな作品になっています。

おわりに

「戦姫絶唱シンフォギア」に興味を持って頂けましたでしょうか?
つづくシリーズでも熱い楽曲に燃えるバトルがどんどんパワーアップしていき、いまや屈指の人気シリーズへと成長を遂げています。これを機会に「戦姫絶唱シンフォギア」を楽しんでいただける方が増えると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク