SNS連携は果たして、SEO効果が見込めるのか?

スポンサーリンク

今流行のソーシャルメディア、facebookやインスタグラム、twitterは果たしてSEO効果として充分なのだろうか。外部リンクとしての効果は期待できるのか、を今回ご紹介させていただきます。結論からいうと、SNSは外部リンクとしての効果はありません。

SNSは外部リンクとしてのSEO効果はない

というのも、MattCutts氏がGoogleの検索順位に影響しないと言っているので本当のことでしょう。その理由として、Facebook、Twitterのリンクにはすべて「nofollow」が設定されています。nofollowとは、文字の如く、リンクをフォローしませんよ、という意味。

言い換えれば、

  • nofollow指定されたリンク先にPageRankを渡さない
  • nofollow指定されたリンクをクロールの対象リストから除外する

ことになります。そのため、例えば、良質な記事がfacebook上で大量に拡散されたとしても、Googleは「いいね!」や「シェア数」を把握することができません。それゆえ、SEOにも影響がしない、となります。

しかし、Googleのクローラーがリンク先を辿ることはありませんが、nofollowであるリンクだと認識した上で評価している可能性はあるかもしれません。

SNSでの拡散は間接的には影響がある

とはいっても、SNSで拡散された記事は上位表示されたよ、SEO上がったよ、という声もちらほらあると思います。その理由としては、SNSでシェアされた・イイネ数が多かった記事が他のブログやメディアに取り上げられて、被リンクをもらうことになったからといえます。

被リンクとは、

被リンクとは、他サイトや他のページからリンクを張ってもらう作業です。 SEO対策は、大きく以下の2つに分けられます。 この内部対策、被リンク対策が重要視される比重は、アルゴリズムの動向により都度変更になります。

良質なコンテンツから、「この記事面白かったよ」というリンク、または「参考になったよ」というリンクで、元々のオリジナルコンテンツが評価される、ということですね。

ブログのコメントやリスティングはSEO効果がない

他にもブログのコメントやリスティングによる出稿はSEO効果がないとされています。

理由としては至って単純本質的なリンクでないし、ステマ(ステルスマーケティング)で広げられるから。どれも、nofollowタグが付く場合はほとんどです。

外部リンクの取得にあたって、ステルスマーケティングを実施して、無理な、過度な本質的ではないリンクを広げるのはやめましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »