好きなことでお金を!YouTuberになるために絶対知っておきたい知識

スポンサーリンク

YouTuberの広告の仕組み

youtubeのユーザーはインターネット人口の3分の1、10億人以上が使っており、日本でみてもスマートフォン2,700万人以上、パソコンからは4,140万人以上の方が使われております。元々YouTubeという名前の由来が、You(あなたの)Tube(ブラウン管)という意味があり、まさにそれを体現していると言えるでしょう。

余談ですが、初めてyoutubeに投稿された動画はYouTube創始者のひとりであるJawed Karim氏の「Me at Zoo.(動物園にいる私)」。

昔とは比べ物にならない程、このよう多くの方が見ている媒体となったyoutubeは広告としての役割も持ちTrueViewという広告枠で出稿しています。この度ご紹介させていただきます。

インストリーム広告

インストリーム広告

動画の再生ボタンを押したのに見たい動画が流れない。「5秒後にこの広告をスキップすることができます。」というポップアップが表示される、煩わしい広告がこのインストリーム広告です。5秒後にCMをスキップすることが可能で、クリック率が非常に高いため、この広告で収益の大半を占めています。(※正確には、スキップ可能なインストリーム広告をtrue viewインストリーム広告、スキップできないのをインストリーム広告と呼びます。)

基本的にインストリーム広告を使ったyoutuberの収益化の仕組みとしては2つ。『サイトへのリンクがクリックされる』か『CM動画が30秒再生される』です。配信される広告は、視聴者の属性や興味関心を詳細にターゲティングして配信される仕様です。

良く皆様も見られている典型的なyoutube広告かと思います。

ディスプレイ広告

関連動画として広告が上がってくるのが、ディスプレイ広告です。ユーザーがクリック後、動画が再生されれば報酬が発生する仕組みです。

主に下記5つのパターンがあります。

  • 1.動画のオーバーレイとして、動画再生ページや埋め込みのプレーヤーの場合と同じフォーマットで表示される
  • 2.動画のオーバーレイとして、300×250のコンパニオンを伴って表示される
  • 3.関連動画として、サムネイル広告の見出し、チャンネル名、動画視聴回数が表示される
  • 4.関連動画のユニットとして、大きなサムネイル、チャンネル名、広告の見出し、説明文、動画再生時間が表示される
  • Googleディスプレイネットワークで表示

この中でもおそらく1の動画オーバーレイ広告が一番馴染み深いと思いますので、この場でご紹介させていただきます。

オーバーレイ広告

youtubeを見ていると、画面下20%の領域にに表示されている広告をオーバーレイ広告と呼びます。サイズは468×60または、728×90。横に細長なタイプで、視覚的に邪魔だから、右上の×印から非表示にしている方も多いのではないでしょうか。

動画が再生されて10秒経つと動画内に表示され、クリックされると報酬が発生する仕組みです。

マストヘッド広告

マストヘッド広告

YouTubeの トップページ上部に表示される、横長の 広告24時間で1社のみ掲載できる 広告枠。非常に費用がかかる広告枠となっています。

インサーチ広告(ディスカバリー広告)

検索連動型広告であり、検索上位に「広告」と表示されたものがインサーチ広告。2016年6月より名称を変えて、現在はディスカバリー広告と呼ばれます。ユーザーが能動的にクリックして視聴するため、ネガティブな印象を持たれにくく、次のアクションに繋がる確率も高く、クリックされると報酬が発生する仕組みです。

バンパー広告

動画の途中でいきなり広告に移り変わった、というのがこのバンパー広告。スキップ出来ない6秒間の動画が流れます。上述したインストリーム広告と違う点としては、バンパー広告は6秒間で自動的に終了すること、そのため、長い時間を待つ必要はなく、スキップボタンを押す必要もありません。

クリック単価は?

有名YouTuberたちの1再生当たりの単価は約0.1円と言われておりましたが、シバターさんという有名YouTuberの方が収益激減を暴露し、1再生あたり、0.1円から0.05円になったようです。そのため月30万円稼ぐためには、約600万再生する必要があることになります。

ただこの1再生あたり0.05円というのは一時的な可能性もあり、季節要因や動画のジャンル、さらには投稿した動画の質によりこの単価自体大きく変動します。さらに低い例を上げると、再生数35万7682回で$84.69、1再生あたり0.02。高い例を上げると、有名なhikakinさんだと、0.2~0.3円にもなるそうです。

より投稿1再生あたりの報酬を上げるために実践することは下記3点

  • 10分以上の動画を投稿する
  • ターゲット層の年齢層を上げる
  • 投稿動画の質を上げて好評価を増やす

YouTubeパートナープログラムに変化が?

YouTubeパートナープログラムに変化

YouTubeが1月16日、動画を投稿したユーザーに広告収益が入るようになる「YouTubeパートナープログラム」の新しい資格要件を発表しました。その内容だと、

「チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4000時間、チャンネル登録者が1000人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます」

よりyoutubeの収益化が難しくなりました。しかし、質の低い動画が乱立していただけに、取り締まることで、よりyoutubeの質を上げる施策のため、将来的には良いこととも受け取れます。

これを受けてネットでは

  • なんか俺YouTuberクビになったんだけど
  • 「お前はユーチューバーとして失格だ!」というYouTubeからの解雇通知が届いた。終わった。
  • マイYouTubeチャンネルはこちらです。現在、チャンネル登録者数は22人。あとチャンネル登録者数を45倍以上の1000人に増やして、総再生時間4000時間を突破すれば、ユーチューバーとして認めてもらえる。ハードル高すぎ。無理。
  • 要するに数円〜数十円の支払いまで対応するのが作業量・コスト面で不可能ということなんだろうね。
  • 「YouTuberになるために仕事をやめた」らしいですが、これは「仕事をクビになってYouTuber始めたものの、利用規約改訂(リストラ)によってピンチになったので炎上商法で登録者を増やそう」という涙ぐましい努力があったんでしょうねw
  • youtubeがパートナーシップの条件を改訂……これってついにyoutubeが聖水とかトヘロスを唱えるみたいなもんでしょ?確実にyoutuber減るだろうね(゜ロ゜;
  • 著名YouTuberの方は、今回の規格改訂について改善運動とかしてくれてもいいんじゃないのかなー(笑

と不安の色を露にしております。

他人のyoutubeからの収益を計測する方法

socialbladeと呼ばれる推定収入を調べるサイトがあります。

https://socialblade.com/

分かる事項は下記の通りです。最大の推定収入はミニマムとマックスで幅があるようですが、マックスの半分くらいが妥当値とのことです。是非お試しください。

  • UPLOADS=アップロードした動画数
  • SUBSCRIBERS=チャンネル登録者数
  • VIDEO VIEWS=動画の視聴回数
  • COUNTRY=国
  • CHANNNEL TYPE=チャンネルの属性
  • USER CREATED=チャンネル開設日
  • TOTAL GRADE=チャンネルの品質
  • SUBSCRIBER RANK=チャンネル登録者数のランキング(世界ランク)
  • VIDEO VIEW RANK=動画の視聴回数のランキング
  • VIES FOR THE  LAST 30 DAYS=直近30日の再生回数
  • SYBSCRIBERS FOR THE LAST 30 DAYS=直近30日のチャンネル登録者数
  • ESTIMATED MONTHLY EARNINGS=1ヶ月の推定収益
  • ESTIMATED YEARLY EARNINGS=1年間の推定収益

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク