失恋後に読みたい回復術!過去の偉人の名言集

スポンサーリンク

思わず大好きな人と別れると「あの人と別れたことを本当に後悔している」「あの人じゃなきゃ嫌だ」様々な負の感情、言い換えれば後悔の念に苛まれます。

中々元彼・元カノのことを忘れられず、時が解決してくれると思いますが、一行によくならない、そんなことも多いのではないでしょうか。

しかし、そこから立ち直って新しい恋を初めてからこそ人生は楽しくなります。今回は失恋を立ち直る材料として、多種多様な恋愛経験を積んできた、過去の偉人達の名言を見ていきたいと思います。

失恋の要因

失恋には様々な理由があるかと思いますが、どのような理由が多いのでしょうか。見てみます。

◇遠距離恋愛のため

「遠距離になり、自分が常に不安になり、異常なほど連絡したり会いに行ったりして、相手の負担になってしまいフラれた」
・「遠距離が原因で、結婚か別れるかの選択だった」

例えば、いつ別れるか不安な気持ちの原因として「付き合ったらいつも恋人にフラれる」などの経験があったとします。こうした経験があると、今の自分の魅力や状況に関係なく「必ず自分はいつかはフラれる運命にある」と考えてしまいがちです。 (出典 : いつ別れるか不安な気持ちを払拭するには?/All About)

◇他の方が好きになったため

・「自分がほかに好きな人ができて別れたけど、やっぱり戻りたくて告白したけどフラれた」

・「ほかに好きな人ができたと言われた。疲れたと言われた。休みが合わず、会える時間が少ないと言われた」

失恋後の心情

失恋後の心情

男女の失恋感情の違い

男性失恋後の心情

男性は自分で乗り越えようとする傾向にあるようで、自分一人でなんとか乗り越えようと頑張ります。女性と比較すると、引きずる期間や重みに関しては、圧倒的に男性のほうが長いことも多いといいます。とても好きだった彼女と別れた、忘れられない1年間なんてざらです。

なぜかというと、男性は本能的に、自分を全否定されたと考えがち、また少しでも望みがあるのならば復縁したいと考える傾向にあるようです。また、別れた彼女のことを美化して後悔の念にかられることも多々あります。つまり引きずるタイプが多いということですね。

中々プライドが高く、周りに相談して発散しないことが上記のような失恋後に引きずるという傾向を誘発しているように感じられます。

一方で女性の場合はどうでしょうか。見てみましょう。

女性失恋後の心情

男性とは違い、女性の方は友達に慰めて貰い、愚痴を言う傾向にあります。そのため比較的、失恋を乗り越えるまでに要する時間は短いです。よく失恋を乗り越えるにはマイナスの感情を早い段階で出し切ることが非常に大切、といいますよね。それが女性は上手なのです。

もちろん個々人、違う恋愛をしているため、中々立ち直るのが難しい場合もあるでしょう。そんな時は、過去の偉人が失恋を繰り返して発せられた名言をみて、立ち直るための一助にしていただけますと幸いです。

失恋の後に読みたい名言集

失恋後に読みたい回復術!過去の偉人の名言集

◎許すことは忘れることとはちがう。つらい記憶を水に流し、心の痛みを消すことなのです。(メアリ・マクロード・ブスーン)
◎どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。(瀬戸内寂聴)

◎愛する事を教えてくれたあなた。今度は忘れる事を教えて下さい。

◎人の値打ちは失敗から立ち上がるかどうかで決まる。

◎貴方を好きになれてよかった。そう思える日がいつか来る。

◎恋の終わりは、自分から立ち去ること。(ココ・シャネル)

◎世間に一杯いる情熱的な女で、捨てられたら死んでしまうと公言しなかったのは一人もありません。ところがそんなので今に生き永らえていない女、悲しみを忘れずにいる女は、一人もいないのです。(コンスタン)

◎二度と会いたくない男には、こうおっしゃい。 「愛しています。結婚して下さい。子供が欲しいのです」と。 男は車を急発進させて逃げていくでしょう。

◎失恋すると、5年後に素晴らしい事が起こります。 エレベーターに乗ったら、ハゲて太ったあの人がいて、 葉巻をくゆらせながら「ずいぶん長いこと会わなかったね」なんて言ってたりするの。

◎愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。相手の男の重荷になるべきではない。(ココ・シャネル)

◎恋はその始まりがいつも美しすぎる。結末が決して良くないのも無理からぬことだ。(ドーマ(詳細不明)

◎一生迷ってろ……!そして失い続けるんだ…貴重な機会をっ!

◎嫉妬は常に恋と共に生まれる。 しかし必ずしも恋と共には滅びない。

◎男女の仲というのは、夕食を二人っきりで三度して、 それでどうにかならなかったときはあきらめろ。

◎絶望に満ちた世界にあっても、あえて夢を追わなければならない。不信に満ちた世界にあっても、あえて信じなければならない。(マイケル・ジャクソン)

◎恋愛は戦争のようなものである。始めるのは容易だが、やめるのは困難である。 もはや愛してくれない人を愛するのは辛いことだ。 けれども、自分から愛していない人に愛されるほうがもっと不愉快だ。

◎あんなに愛した女を憎むわけないだろ…?全部…許してやる…だから…生きて帰ってきてほしい…(漫画『僕等がいた』)

◎変わらないのは、ときめく気持ち。(シルヴィア・プラス)

◎運命を素直に受けいれなさい。(ジーン・シノダ・ボーレン)

◎ひとを一度も傷つけることなく、 誰かに一度も悲しい思いを させることのない人生は、 この世にあるのだろうか。 わたしにはわからない。 誰からも傷つけられたことがなく、 悲しい思いを一度もしたこともない人生は… よかったね、とは思うけれど、 幸せだったね、と言えるのかどうか、 わからない。

◎つまづいたっていいじゃないか。 人間だもの。 一生迷ってろ……! そして失い続けるんだ… 貴重な機会をっ!

◎体が重いと足跡も深くなる。恋心も強いと傷が深い。 深く愛していたものを憎むことはなかなかできない。

◎火は消し方が悪いと、まもなく、また燃え上がる。 世間の恋人達を見るがいい。 やっと告白が始まるときにはもう欺(あざむ)いている。

◎朝起きる時は「今日も会えないだろう」と思い、 寝る時には「今日も会えなかった」と思うのです。

◎長い長い毎日に、幸福な時は片時もありません。 全ては物足りなさ、全ては後悔、全ては絶望です。

◎「さようなら」と私は彼の元を去りながら、心の中で叫んだ。 そして、絶望がそれにこう付け加えさせた。「さようなら、永遠に」

◎現在の苦境は おまえの人間を見る目の甘さ……… 他人の嘘を見抜けぬ鈍感さが招いたと言える… 全て自業自得なのだっ……! 与えようとばかりして、もらおうとしなかった。 なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。

◎人生にはいろいろなことがあります。しかし、悲しいことは忘れ、辛いことはじっと耐え忍んでいきましょう。それがこの四苦八苦の世を生きる唯一の方法ではないかと思います。
(瀬戸内寂聴)

◎いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ。(オプラ・ウィンフリー)

◎女性が綺麗になる方法は二つあります。「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。(浜尾朱美)

◎あやまちなどというものは存在しません。あやまちはそこから必ずなにかを学べる恵みなのです。(エリザベス・キューブラー・ロス)

◎どんな悲しみに出会っても、それでも人生は生きるに値する。(村山由佳)

◎悲しみは解ける、五月の雪のように、そんなに冷たいものなどはありはしないように。(ジョージ・ハーバート)

◎どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。(瀬戸内寂聴)

◎夜になって星が輝き始めるのは、悲しみが我々に真実を示してくれるのに似ている。(ベイリー)

◎失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる。
(ウルスラ・アンドレス)

◎心が痛い日だってそりゃあるわ。(マ・レイニー)

◎恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。(テニスン)

◎自分の全生命を女の愛というカードに賭けた男が、このカードが殺された時、がっくりとなって何事も手につかないほど放心してしまうようなら、そんな人間は男ではなく、ただのオスである。(ツルゲーネフ)

◎二人の間に恋がなくなったとき、 愛し愛された昔を恥ずかしく思わない人はほとんどいない

◎女と別れるごとに、自分の中でなにかが死ぬのを感じた。

◎女の性格がわかるのは恋が始まる時ではないわ。 恋が終わる時よ。

◎やれなかった、やらなかった、どっちかな。

◎持ち物が少なければ少ない程、多くを与えることができます。矛盾としか見えないことでしょう。でもこれが愛の論理なのです。(マザー・テレサ)
◎”好きでいなきゃ”と思ったら恋の終わり。”好きになっちゃいけない”と思ったら恋のはじまり。(個人投稿)
◎失ったものばかり数えるな!無いものはない!
確認せい! お前にまだ残っておるものはなんじゃ!(漫画『ワンピース』)
◎これだけは、覚えておきなさい。何もかも失ったと思える瞬間でさえ、あなたの未来は残っているということを。(ボブ・ディラン)
◎大切なのはどれだけ相手を愛するかではなく、 相手にとって自分は何かを知ることだ。(映画『偶然の旅行者』)

◎思い出が悲しいのではない。思い出を美化するから、悲しいのだ。(秋元康)
◎別れたあとの男と女は思い出を分かちあう。(マルセル・アシャール)

◎愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。 誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。

◎人は反感から愛へ向かう。 だが愛することから始めて反感に達する場合には、けっして愛には戻らない。 過ぎ去った恋の思い出は、それが強く記憶にとどまっている時には、 恋をしていた時にも劣らず魂を奪うものである。

◎何もかもが変わっていく瞬間があります。今まで嘆いていたことが突然どうでもいいことに思えてくるのです。
(アイリス・マードック)

◎心は、過去の悲しみから脱皮するもの。(エラ・ウィーラー・ウィルコックス)

◎時は悲しみと口論の傷を癒す。人はみな変わる。過去の自分はもはや現在の自分ではない。悩む者も悩ます者も、時がたてば別人になる。(パスカル)

◎一人を失ったからといって嘆くことはない。男と女は半分ずついるのだから。(戴聖)

◎この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる。(山本周五郎)

◎恋が強烈でないのは恋の自然に反しており、恋が変わりなく続くのは、強烈であるべき恋の自然に反している。(モンテーニュ)

◎深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。(トルストイ)

◎多くの女性を愛した人間よりも、たった一人の女性だけを愛した人間のほうが、はるかに深く女というものを知っている。(トルストイ)
◎愛することにかけては、女性こそ専門家で、男性は永遠に素人である。(三島由紀夫)
◎女が男の友達になる順序は決まっている。 まずはじめが親友、それから恋人、そして最後に◎やっとただの友だちになる。(アントン・チェーホフ)
◎逃げた女は追わぬに限る(イギリスのことわざ)
◎恋というのは一つの芝居なんだから、筋を考えなきゃだめだよ。(谷崎潤一郎)
◎友情は多くは見せかけであり、恋は多くの愚かさにすぎない。(ウィリアム・シェイクスピア)
◎深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。(トルストイ)

◎恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。

◎これだけは、覚えておきなさい。何もかも失ったと思える瞬間でさえ、あなたの未来は残っているということを。

◎あんなに愛した女を憎むわけないだろ…? 全部…許してやる… だから…生きて帰ってきてほしい…

◎女性が綺麗になる方法は二つあります。 「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。

◎何となく好きで、その時は好きだとも言わなかった人のほうが、いつまでも懐かしいのね。忘れられないのね。 別れた後ってそうらしいわ。

◎失恋って、当の本人は苦しい苦しいと言っているけれど、本当は終わった恋をいつまでも思い出して楽しんでいるようなところがあると思う。本当に苦しいなら、一秒でも早く忘れる努力をするはずだから。

◎悲しいときは全身で悲しみ、嬉しいときには手放しで喜ぶ。 そういう人間で私はありたい。

◎二人の人間が愛し合えば、ハッピーエンドはあり得ない。

◎女の行動に理由なんかないわ。男は理由を求めて恋を失うのよ。

◎男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。

◎ 男と交際しない女は次第に色褪せる。女と交際しない男は次第に阿呆になる。

◎ 恋には経験というものはない。 なぜなら、そのときにはもう恋していないのだから。 誰にだってあるんだよ、人には言えない苦しみが。 誰にだってあるんだよ、人には言えない悲しみが。

◎ただ、黙っているだけなんだよ、言えば愚痴になるから。 愛してその人を得ることは最上である・・・ 愛してその人を失うことはその次によい。

◎ 失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる。

◎ 枯れない花はないが、咲かない花はある。

◎後ろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進め。(聖書)

◎カネがなくてもくよくよするな。他人に一時預けていると思え。いずれ自分のところに回ってくる。女もそうだ(高田純次)

◎われわれを恋愛から救うのは理性よりも多忙である。(芥川龍之介)

◎与えようとばかりして、もらおうとしなかった。 なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。 ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。

◎女と別れるごとに、自分の中でなにかが死ぬのを感じた。

◎女の性格がわかるのは恋が始まる時ではないわ。 恋が終わる時よ。

◎ 恋愛は幸福を殺し、幸福は恋愛を殺す。 別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。

◎ 花は毎年必ず咲きます。 別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。 花は毎年必ず咲きます。

◎忘れること、それが最上の治療法であり、 恋人との愛をつなぐエチケットです。

◎ 恋の喜びが結局悲しみをもたらすということは、 もういろいろな女の例ではっきりしているんですもの。 私は恋も悩みも両方捨てますから、悪いことも起こらないでしょう。 貴方を好きになれてよかった。 そう思える日がいつか来る。 あえて一人でいることを大切にする時もあっていい。 自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌だし、ましてや整理整頓することなどやめてほしい。

◎静かな夜だ。静かな夜は、いつだって、誰かを泣かせている。 告白って交際を始めるスタートのことじゃないんだよ。 「自分の心に秘めていた想いを伝えること」だよ。 君は、心に秘めていた好きを伝えることができた。 告白は失敗なんかしていない。 成功したんだよ。

◎ がっかりするなよチャーリー・ブラウン… この人生にはのまなきゃならない苦いクスリもあるもんさ…

◎終わった恋を引きずってしまうのは、かっこ悪いことじゃない。それだけ一途だってこと。それだけ真剣だったってこと。誰かを一生懸命愛した素敵なあなたを、また誰かが愛してくれる。きっと幸せになれる

◎愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。今まで聞き流していた歌詞の意味を知った(ドストエフスキー)

◎すべての出来事には意味があるわ。生きていくこととは、その意味を理解すること。(スーザン・サマーズ)

◎失恋した女の子が公園で泣いてました。理由を一人の哲学者が知って慰めることはせずに笑って言った。「君は自分を愛してくれない人を失ったにすぎない。しかし彼は自分を愛してくれる人を失ったのだ。君は何を苦しまねばばらないのか?本当につらいのは彼の方なのだ。」

◎失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。(ココ・シャネル)

◎許すことは忘れることとはちがう。つらい記憶を水に流し、心の痛みを消すことなのです(メアリ・マクロード・ブスーン)

◎女は、人生で一度や二度は、ワルい男を愛してしまうの。でもだからこそ、イイ男に出会ったとき、感謝する気持ちになれるのよ。(マージョリー・キナン・ローリングス)

◎始まりと呼ばれるものは、しばしば終末であり、終止符を打つということは、新たな始まりである。終着点は、出発点である。(T・S・エリオット)

◎涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。(ドロシー・ディックス)

◎失恋があるからこそ、人生って素晴らしくなるのよ。ただし五年後の話だけど。(フィリス・バッテル)

人は人に捨てられたりなんかしない。自分が自分を捨てることしかできないよ。(よしもとばなな)

◎ひとつひとつの悲しみには意味がある。時には、思いもよらない意味がある。
どんな悲しみであろうと、それは、このうえなく大切なもの。太陽がいつも朝を連れてくるように、それは確かなことなのですよ。(エラ・ウィーラー・ウィルコックス)

◎大丈夫、大丈夫、いつかはここを抜ける日がやってくる。(よしもとばなな)

◎悲しいことには慣れているつもりでしたが… 独りになるのは辛いですね… 男は別れの言い方が分からない。 女はそれを言うべき時が分からない。 一人を失ったからといって嘆くことはない。男と女は半分ずついるのだから。

◎人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。 それでも人に恋するのだ。 もう二度と会えないなら、好きな人の最後の思い出に残るのは 泣き顔じゃなく笑顔でありたい

◎彼は私の北であり、南であり、西であり、東であった。 私の出勤日であり、日曜の休息であった。 私の正午であり、真夜中であり、 私のおしゃべりであり、私の歌であった。 あの愛が永遠に続くと思ったけれど、私は間違っていた。 恋をするとだれでも自分を欺くことから始まり、 他人を欺くことで終わるのがつねである。 これが世の、いわゆるロマンスである。 絶えず警戒しつづけることの必要が、 ついには恋しあう人達を疲労させてしまう。

◎私たち、人生の一番いいときをさよならばかり言って過ごしたのね。 二人の間に恋がなくなったとき、愛し愛された昔を恥ずかしく思わない人はほとんどいない 恋の終わりは、自分から立ち去ること。

◎一つのドアが閉まると、 別のドアが開く。しかし、 私たちは閉まってしまったドアを ずっと後悔して見つめているので 私たちのために新しいドアが すでに開いていることに気づかない。

◎あつーいお風呂に肩までつかっても癒やせない、そんな悲しみがこの世にあるとは思えません。(スーザン・グラスペル)

◎愛する勇気がある者には、かならず苦しむ勇気がある。(アントニー・トロロープ)

◎上手に別れられるなどということは、まったく稀なのだ。そういうのは、ちゃんとうまくいっていたら、別れたりはしやしない。(マルセル・プルースト)

◎忘れること、それが最上の治療法であり、恋人との愛をつなぐエチケットです。(宇野千代)
◎女の性格がわかるのは恋が始まる時ではないわ。 恋が終わる時よ。(ローザ・ルクセンブルク)
◎失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。(ココ・シャネル)
◎裏切りは女のアクセサリーみたいなもんさ、いちいち気にしてちゃ女を愛せる訳がないぜ。(ルパン三世)

◎恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ。(シェイクスピア)

◎別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです。(瀬戸内寂聴)

◎虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ。(ドリー・パートン)

◎笑いとばせるようなことを見つければいいのよ。(マヤ・アンジェロウ)

◎暗闇を呪うくらいなら、ローソクに灯をともしましょう。(エレノア・ルーズベルト)

◎人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。それでも人に恋するのだ。(ミュッセ)

◎別れる時にはもう次の恋が始まっている。(アントニオ猪木)

◎別れることがなければ、めぐり逢うこともできない。(西洋のことわざ)

◎言えるなら言って「愛してない」と。それを聞いたらあなたの人生から出て行くわ。

◎男女の仲というのは、夕食を二人っきりで三度して、それでどうにかならなかったときはあきらめろ。

◎古典の授業で先生に「[愛しい]って漢字は[いとしい]って読むけど、[かなしい]って読みもあるの。人を本当に本当に愛した時ってかなしくもなるのよ。だから将来、みんなもそんな恋をしてね。」って話を聞いて、私教わったのがこの人でよかったって思った

◎最初のキスを笑いながら交わして、いざ別れるとなっても、しんみりとやさしい話をして別れるのが、一番安全でいい。(シュニッツラー)

◎失恋して痩せることができるのなら、何回でも失恋したいわ。(フコレット)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク