モチベーション担保の方法?マズローの欲求5段階説に迫る

スポンサーリンク

皆さんは、マズローの欲求5段階説をご存知でしょうか。上記の写真のように、人間は5つの欲求(生理的欲求・安全欲求・社会的欲求・尊厳欲求・自己実現欲求)があるという理論です。

生理的欲求

生きていくために必要な欲求。寝ることや食べること、性欲がこれに該当。基本的・本能的な欲求のことですね。

安全欲求

今の状態をより安定に保ちたい、という欲求。健康面への配慮や事故防止などがこれに該当します。また、暮らしていくのに十分なお金を稼げているかどうかの経済的な安定も含まれます。

社会的欲求

他者と介在することで、自分の存在を個ではなく集団の中の一人である、という欲求。友達作りがこれに該当します。人と会話がしないと寂しい、といった気持ちもそうです。

では次に、先程のマズローの欲求5段階説は大きく、外的に充たされたい低次の欲求、内的に充たされたい高次の欲求に分類されるかと思いますが、今からは内的欲求にフォーカスいたします。

ここで、考えてほしい事象としては、

マネージメントをあなたがする場合、モチベーションが高い場合ならともかくモチベション自体が低い方々に対して、如何にマネージメントするかを考えてみましょう。

そこで、大事なのが、人が本能的に持っている、尊厳欲求・自己実現欲求です。

言い換えると、

  • 尊厳欲求=承認欲求
  • 自己実現欲求=貢献欲求

となります。

そもそも承認欲求と貢献欲求とどのようなことを事象を指すのでしょうか。

承認欲求とは

他人が信用ならないからそれを支配する存在として振る舞いたい、あるいは自己を過大に評価した帰結として、自分が他人より優れているのは当然であると考えなければ、上位の存在として認められたいとは思わないという心理であると考えられる。 他人と自分の関係が平等であることを望む欲求。

言い換えると、他者から認められたい、という欲求のことですね。一方で、

貢献欲求とは

自己実現欲求と近いですが、自分の存在の価値を創造的活動を通して、他者に還元することを指します。具体的には、自己の成長を実感したいとか、やりたい仕事において高い目標を達成したい時がその時です。

この2つが実現できると、モチベーションが高い状態を維持できる状態に遷移すると言われております。

モチベーションが高い状態だと

モチベーションと一言でいっても様々な効能があります。もちろん、社員の離職率の低下、仕事の質の向上が挙げられ得るかと思います。しかしそれだけではありません。

組織全体、会社全体の士気が高まることが一番と言えるのではないでしょうか。

というわけで、次にモチベーションを担保する方法、つまりは承認欲求と、貢献欲求を同時に充たせるような具体的な施策を見ていきましょう。

自己目標を掲げ、日々の業務と関連づけること

まずは、自己目標は自分のなりたい姿、言わば、「自分が将来どんな風になっていたいか」を考えることです。その延長線で自己目標を掲げ、日々の業務と関連づけることがモチベーションを担保する手段として挙げられます。また、この自己目標を掲げる、というのは案外難しく、中々その自己目標を自分の中に落とし込むのは難しいかと思います。そんな時は、目標を手帳やスマホのメモアプリなどに文字として一度落としてみてください。トイレに張り紙をつける、等簡単なことでかまいません。

夢を追いかけている内に、仕事ができる、そんなわくわくするようなモチベーションは嬉しいですね。

しっかりとオンとオフをつける

だらだらと仕事しても時間の無駄です。生産性がないとはこのこと。時間は有限なので、メリハリをつけましょう。特に、オフができない方が多いかと思います。筆者もそうでした。

例えば、寝不足なら仕事が残っていても割り切って早く帰り、しっかりと寝る。職場の同僚と雑談をする時間があったら、早く帰社する、休みの日には仕事をしない等です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »