仮想通過ビットコインとは何か?購入方法から活用方法まで

スポンサーリンク

仮想通貨、とりたてビットコインに関する最新情報を厳選してご紹介いたします。さて、今話題のビットコイン。投機目的以外にどのような活用方法があるのか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はビットコインの概要から購入方法、さらには活用方法まで網羅的にまとめてみました。是非参考にしていただければと思います。

ビットコインとは

ビットコイン、ビットコインと巷で話題にのぼっていますが、一体ビットコインとは何なのでしょうか。言わずもがなビットコインとは、仮想通貨のことを指します。分かりやすくいうとお金です。ビットコインの単位はBTC(ビーティーシー) と表記され、1BTC(1ビットコイン)、2BTC、3BTCというように数えます。

ただ、仮想という言葉からも分かる通り、目に見える紙幣やコイン等は存在しません。

さて、ここで仮想通貨の概念を知るために、オンラインゲームやポイント等をイメージしてみてください。あなたは、オンラインゲームにて、3000ポイントを持っていたとします。そのポイントを使って様々なアイテムを購入することができますよね。これが仮想通貨の概念です。

同様に、「電子マネー」を思い浮かべてください。日本でも楽天Edy、Suica、pasmo、nanaco、WAON等様々な電子マネーが利用されていますよね。

この電子マネーによって、楽に決済ができるようになり、利便性に長けていることから多くの方が利用していることでしょう。

このように、共通の範囲内で、その価値の価値が決められている実物がない通貨のことを仮想通貨と呼ぶのです。

では、ゲームの中の通貨や電子マネーとビットコインは何が違うのでしょうか。今の事例として取り上げたのはオンラインゲームや電子マネーですが、それはそのオンラインゲームを通して、企業が営利を出すために作られたもの、そして企業内でしか使うことができない通貨です。例えば電子マネーを外国で使おうと思ってもできませんよね。このように日本にある企業だからこそ価値があり、使用することができるのです。

一方、ビットコインは、国家単位の通貨である円やドルと同様に、国家規模で経済活動を円滑にするために、作られた概念から生まれた通貨です。そのため、全世界共通して使うことができます。

日本円やドルなどの共通貨幣の一つと思っていただければイメージはしやすいかと思います。

ビットコインはどのように作られるのか?

日本円は景気を見て日本銀行が発行していますが、一体ビットコインはどのようにして作られるのでしょうか。新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれます。採掘(マイニング)を通して新規のビットコインは生み出されるのです。

採掘(マイニング)とは何か?

採掘(マイニング)とは何かをご説明する前に、ビットコインの管理の仕方を見ていきましょう。ビットコインの管理は全て取引台帳に取引記録が記載される仕様です。使われるごとに追記作業が行われ、データの整合性が求められます。

この作業は莫大なコンピューターリソースを要することから、有志を募り、その有志のコンピューターリソースをかわりに使います。

この作業が採掘(マイニング)と呼ばれる行為です。つまり、自分の時間を使って、皆のビットコインの記録を自分のコンピュータリソースを使って代わりに行ってくれた方に対して、その対価として新しいビットコインが提供されるのです。

ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインの購入方法は以下の3通りです。

①ビットコインを自分で購入する

②誰かからビットコインをもらう

③ビットコインを自分で掘り当てる(マイニング)

③は先程ご紹介したマイニングを通して新規発行されたビットコインを会得する方法なので、割愛します。ここではビットコイン初心者が一番役に立つであろう①のビットコインを自分で購入する方法をご紹介します。

取引所はビットフライヤーがお勧め

取引所には日本や海外など有名な取引所が多数ありますが、ビットフライヤー・コインチェック・ザイフの3社が一般的かと思います。例えば、海外の取引所だと、Krakenやcoinbase、Poloniex等がありますが、英語に堪能でないと正直厳しいです。

ここでは、代表的なビットフライヤー・コインチェック・ザイフの3社の内、手数料324円と3社の中で一番安く、なおかつ日本国内の仮想通貨取引の7割を占めるビットフライヤーを例にとり下記でご紹介いたします。

コインチェックにお金を預ける

ビットコインの購入には、まずはお金を預けなくてはなりません。お金を預ける→ビットコインを購入する、という流れです。ビットフライヤーには下記の3つの入金方法があります。

  • クイック入金
  • コンビニ入金
  • 銀行振り込み(USドル不可)

クイック入金ならペイジー決済・インターネットバンキングでスムーズです。また、コンビニ入金だと、入金上限が30万円と制約がありますが、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ローソンと幅広い場所で入金作業を行えます。

最後に銀行振込ですが、堅実な方法ではありますが、土日・平日15時過ぎだと、翌営業日の入金となるため、スピーディーな取引を行いたい方にはお勧めしません。

入金が終わったらビットコインの購入へ

購入方法としては、3点あり、クレジットカードで購入する方法、ビットフライヤーから直接購入するビットコイン販売所を利用する方法、ビットコインを保持する個人から直接買うビットコイン取引所を利用する方法があります。

一番、ビットフライヤーから直接購入するビットコイン販売所を利用する方法が安全で安心かと思います。というのも、自分の買いたい分のビットコインを「コインを買う」ボタンから購入するだけの簡単な作業であるからです。同様に、コインを売ることもすぐにできます。

次に、ビットコインを保持する個人から直接買うビットコイン取引所を利用する方法では、指値注文をするため、中々相手が見つかりにくいことも多々あります。交渉して買うのです。1BTCいくらでなら買いますよと。

クレジットカードで購入する場合は、1,000円から買えるので小額投資に最適。ただJCBは使えないのでご注意を。Visaとマスターカードのみ対応しています。

ビットコイン活用方法

ビットコインの活用の幅は日々広がりを見せてきており、最近だと電気料金や、大手のDMM.comで使うことができます。現在大手ショッピングサイト楽天でも現在検討しているとのことで、近い将来ビットコインが利用できる日も近いでしょう。さらには、リアル店舗での支払いにやAmazonギフト券、Vプリカ、nanaco ギフト、Edyギフト、NET CASH等も使用できるとのこと。

使い方は至って簡単で、ビットフライヤーの会員サイトにログインして、トップページ左サイドバーの「ビットコインをつかう」を選択するだけです。

このようにビットコインを活用することで、利便性が非常に向上しますね。

是非当記事が役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク